• HOME
  • えがおさんさんストーリー
  • NPO法人えがおさんさんの活動
  • えがおさんさんをサポートするには?
えがおさんさんをサポートするには?

活動でサポート

あなたのスキルが、障がいのある子どもとご家族の笑顔になります。

NPO法人えがおさんさんには、自分の好きなことや得意なことで、活動をサポートすることができます。まずはお気軽に、ご相談ください。

自分の得意なことで、NPO法人えがおさんさんの活動をサポートしたい

パソコンの操作ができる、子どもとふれあうことが好き、ダンスが得意など。NPO法人えがおさんさんでは、自分が好きなことや得意なことで、ボランティア活動ができます。1日だけの参加でもかまいません。くわしくはスタッフまで、ご相談ください。

お問い合わせ先 ≫

看護や介護をもっと勉強するために、活動をしたい

NPO法人えがおさんさんには、障がいのある子どもの接し方などを学べるサポーター育成プロジェクトがあります。障がいのある子どもたちとのふれあうことが初めての人も、しっかりサポートします。
くわしくはスタッフまで、ご相談ください。

お問い合わせ先 ≫

ボランティア参加者の声

私は看護大学入学当初に友人を通してNPO法人えがおさんさんの取り組みを知り、えがおファンクラブ事業の学生ボランティアとして、子どもたちとそのご家族に関わってきました。ボランティアに参加しているうちに、「もっと自分がこの子たちにできることはないか」と考えるようになり、障がい者の支援ができる「日常生活従事者」の資格を取得しました。
特に子どもたちの場合、自宅ではアクティビティプロジェクトに参加している時とは違った表情を見せます。子どもたちの生活を今までより深く知るようになってから、NPO法人えがおさんさんでの活動が、もっと楽しいものになりました。

サポーター えがお通信編集長 看護師 阿漕健太

訪問看護ステーションさんさんでは、障がいのある子どものご家族をケアする看護師として。またえがおファンクラブ事業では、さまざまな活動を支援するボランティアの看護師として、さまざまな子どもたちのケアに対応しています。
訪問看護サービスは、医療保険制度で行われているため、時間や回数などに制限があります。限られた時間の中では、子どもたちやご家族に対して十分なケアができるわけではありません。障がいのある子どもたちの育児は本当に大変だからこそ、少しでもゆったりと育児や介護をしていただきたい。その思いから、えがおファンクラブ事業の各プロジェクトをボランティアでサポートしています。
日常生活の中でもっとリフレッシュするために、NPO法人えがおさんさんが提供するさまざまなサービスを、ぜひ利用していただきたいと思います。

訪問看護ステーション「さんさん」 看護師 田中歩