• HOME
  • えがおさんさんストーリー
  • NPO法人えがおさんさんの活動
  • えがおさんさんをサポートするには?
NPO法人えがおさんさんの活動
HOMENPO法人えがおさんさんの活動 TOP > 訪問看護を利用したい

訪問看護を利用したい

訪問看護とは、看護師が自宅に訪問することにより、医療的な処置や管理などを行うサービスです。
訪問看護ステーションさんさんの訪問看護は、主治医の指示書があれば、ご加入の医療保険で利用することができます。

サービスを利用するまでの流れ ≫

子どもが大好き!小児看護の専門知識をもつスタッフがケア

訪問看護ステーションさんさんは、病気や障がいのある子どもたちに対して豊富な看護実績のあるステーションです。
スタッフは子供たちのことが大好きな人ばかりです。
また、障がい児の訪問看護や療育センターでの勤務経験がある看護師、さらには小児専門の作業療法士など、小児看護の専門知識をもつ医療スタッフも多数在籍しています。

ケアステーションえがおさんさんとも連携

子どもたちが本来持つ力を最大限発揮できるように、子どもやご家族の生活に寄り添いながらサポートしています。またケアステーションえがおさんさんとも連携。介護職員や作業療法士がチームになり、チーム内で情報を共有しながら協働でケアをしています。

福祉、医療の両方の視点からカンファレンスを開催

自宅での介護や療養生活に不安のある場合、子どもに関わる他の訪問看護ステーションや福祉保健センター、さらには主治医等を交えたカンファレンスを開催しています。ご家族の皆様のご意見を尊重しながら、福祉、医療双方の視点からよりよい在宅生活となるようにサポートしています。

ご自宅で提供できる看護サービス例

主治医のほか、地域の保健センターやさまざまな医療機関とも連携しながら、活動しています。子どもたちの成長発達のために必要なケアを、ご提案しています。

【看護師】

・服薬方法の指導、服薬確認   
・薬剤による吸入         
・経管栄養(胃ろう・経鼻)
・たんの吸引(口鼻腔、気管切開)
・人工呼吸器管理         
・気管カニューレ管理
・ガーゼ交換   
・導尿
・摘便
・入浴介助
・体位交換
・腹臥位マットや座位保持椅子への移動など
・在宅酸素療法の一般状態の把握
 (呼吸、心拍数、酸素飽和度など)

【作業療法士など】

・小児の呼吸リハビリ
・ポジショニング
・小児の摂食リハビリ
・入浴介助
・体位交換
・腹臥位マットや座位保持椅子への移動など

ご利用料金

訪問看護は、医療保険でご利用できます。

医療保険に加入され、主治医からの訪問看護指示書がある場合。

ご家族は2〜3割の負担で、ご利用できます。
特に東京23区内にお住まいの場合は、「乳幼児医療証」「子ども医療証」等による医療費の助成が受けられるため、ご家族の負担金はありません。
また、身体障がい者や特定疾患等の医療受給者など、公的な医療費助成が受けている場合は、免除や減額になります。ただし、訪問する看護師や医療スタッフの交通費を、別途ご負担いただきます。

くわしくは、 スタッフまでご相談ください。