特定非営利活動法人えがおさんさん

子どものえがおで、社会をえがおに。
特定非営利活動法人えがおさんさんは、
子どもたちのえがおがさんさんと輝く未来を目指して
さまざまな活動を行っています。

えがおさんさん

ごあいさつ

えがおさんさん 代表挨拶

 このたび、松尾陽子の後を受け、2021年4月1日付で代表理事に就任いたしました。
 今から10 年以上前、重い障がいのある子どもを育てながら働くことを望んでいたご家族から「私の人生は、諦めるしかないのね」と言われた言葉が、私は忘れられません。当時より医療技術が進歩し、福祉サービスも充実してきましたが、重い障がいのある子どもを育てることは今も非常に難しいのが現状です。
 そんなご家族に向き合い続けてきたのが、NPO法人えがおさんさんです。創設以来、すべてのスタッフが一人ひとりの子どもたちの力を信じ、「どうしたら、子どもがえがおになるのか」を常に考えながらご家族と向き合う姿勢は、今も変わりません。
 子どものえがおを増やすことは、家族のえがおを増やすことにもつながります。そして、誰もがえがおで暮らせる社会を実現することは、私たちの使命です。これからも障がいのある子どもとご家族から、「障がい児者を育てるならえがおさんさんに頼ろう!」と支持される法人を目指し、スタッフとともに新たなチャレンジを続けてまいります。

代表理事 田中歩

えがおさんさん 理事挨拶

 NPO法人えがおさんさんは、障害のある子どもたちのボランティア活動を続けてきたNPO法人えがおファンクラブと、障がい児者の生活支援を行ってきた有限会社さんさんが一つになり、2011年5月にスタートしました。それ以来、制度の有無を問わず、スタッフ一同、当事者の困っていることを手助けするために一番良い方法は何かを常に模索し歩んできました。今も職種を超えて助け合い、喜怒哀楽をわかちあえるスタッフの存在は、えがおさんさんの大きな力であり宝です。
 あれから10年。創設当時から私たちのサービスを利用する子どもの中には、成人式を迎えた方もいらっしゃいます。今さらながら、時の速さに驚かされます。
2020年度はこれまでの歩みをまとめた「えがおさんさん物語」を出版し、シンポジウムを開催することができました。これらはひとえに、共に歩んでくださったご利用者様、スタッフの皆様、そして、外部から応援してくださったたくさんの方々のご支援の賜物と深く感謝いたします。
 私は、2021年4月をもって代表理事を退きますが、後任の田中共々に、今後もえがおさんさんへのご支援、ご教示を賜りますようお願い申し上げます。

前代表    
理事 松尾陽子