登録件数:600件
|  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 | more>>| 次のページ >>
(ID:612)  2018-12-12
えがおさんさんブログです。

公益財団法人日本ダウン症協会さんがLINEでスタンプを販売しています。
年末年始にかけて使いやすいスタンプなのでぜひ見てください。
LINEスタンプの検索画面で「冬ダウン症あってもなくてもスタンプbyJDS」と検索すると出てきますよ。


(ID:611)  2018-12-07

えがおさんさんブログです。

ご利用者さんに訪問されているPTさんが「障害を持った子どもたちのための水泳指導 」という本を出されたそうです。

詳しくは添付のPDFをご参照ください

(ID:610)  2018-12-07
えがおさんさんブログです。

えがおさんさん事務所の年末年始の休業日のお知らせです。
【年末年始休業期間】
2018/12/29(土)〜2019/1/3(木)
年始は2019/1/4より営業しておりますのでよろしくお願いいたします。

(ID:609)  2018-12-07
えがおさんさんブログです。
日本障害者リハビリテーション協会様主催のイベントのご案内です。
------------------------
障害インクルーシブな防災につ障害インクルーシブ防災シンポジウムいて考える
〜誰もとりのこされない防災への実践〜
日時:平成30年12月20日(木)13時〜16時30分
場所:戸山サンライズ 2階 大研修室(東京都新宿区戸山1-22-1)
参加費:無料
障害のある人を含めた誰もがとりのこされない、災害への備え、避難対応、復興とは?
そこに障害当事者がどう参加し貢献できるのか? 各地の実践を通じて話し合います。
主催 (公財)日本障害者リハビリテーション協会


シンポジュウム
プログラム
13:00 開会挨拶
13:10 講演1 東俊裕 熊本学園大学教授/弁護士
仮題 障害インクルーシブな防災とは?
13:50 講演2 村野淳子 別府市共創戦略室防災危機管理課 防災推進専門員
仮題 障害インクルーシブな防災の実践に向けて
14:30 休憩
14:40 事例報告(パネルディスカッション形式)
(1)窪田亀一 愛媛県大洲市三善地区自治会長
去る7月の西日本豪雨で被災しましたが、住民参加の避難計画により、高齢者を含め一人の犠牲者も出しませんでした。地域住民と地域行政が、国のプラットフォームを活用して取り組んだ事例です。
(2)泥可久 神戸市兵庫区自立支援協議会 防災を考える部会会長(依頼中)
阪神淡路大震災の経験を踏まえ、障害者総合支援法に基づく自立支援協議会の枠組みを通じて、障害者とその団体が地域の防災活動に参加している事例です。
(3)松永朗 熊本県ろう者福祉協会常務理事
2016年の熊本地震を受け、平時にもまして情報から取り残されてしまう聴覚障害者の安否確認、手話通訳派遣、相談支援などに、行政や他団体とも連携しながら、当事者の立場で取り組んだ事例です。
ほか予定

意見交換
コーディネーター
16:30 閉会

お申込み方法
下記必要事項による、電子メール等での申し込みも受け付けます。
当日は、事前申込のあった方の入場を優先させていただきます。
お名前
ご所属
ご連絡先Email、TEL
必要事項 手話、要約筆記、点字資料、ヒアリングループ、車いす、その他

申込み、問合せ先
FAX03-5292-7630
電話03-5292-7628
Email kikaku@dinf.ne.jp
*いただきました個人情報は責任をもって管理するとともに、学習会の開催準備以外の目的には使用しません。

アクセス方法
東西線早稲田駅から徒歩10分程度
都営大江戸線若松河田から徒歩10分程度

(ID:608)  2018-12-03

えがおさんさんブログです。

暖かい冬ですね。
第8回えがおファンクラブは、クリスマスパーティです。

日時: 平成30年12月15日(土)
預かりデイ時間:10時 〜 15時

参加申し込みの締め切りは、12月7日(金)まで。
尚、準備の都合上、締め切り日は厳守でよろしくお願いします。
【放課後デイすまいると合同です! 】
*スタッフと同じ昼食を350円でお出しできます。ご希望の方はメールかお電話でご連絡ください。
メニューは【ブラウンシチューとサラダ】です。

※EFCのクラブ活動は、教室ではありません。
また、調理に関しては、お祭り、イベントなどの感覚で、管理栄養士は常駐しておりませんが、衛生面、アレルギーなどに関して、看護師の確認の下、気をつけて行っております。

問い合わせはえがおさんさん事務所、えがおファンクラブまで。
お電話かメールで願いします。
TEL:03-3209-8668
Mail:egaofunclub@gmail.com

(ID:607)  2018-12-03
えがおさんさんブログです。
えがおさんさん研修でも講師をしてくださる永廣 柾人さんが、
このたび分身ロボットカフェのパイロットとして参加されるそうです。
行ってみたい!!

以下お知らせです。
------
この度、世界初の挑戦、分身ロボットカフェ「DAWN ver.β」が期間限定で開催されます。
https://arca-gia.com/lp/cafe/

分身ロボット「OriHime」とは、オリィ研究所が開発したコミュニケーションロボットです。カメラ・マイク・スピーカーを内蔵しているため、障害者や育児、介護をされ

ている方など、事情があって家から出られない人でも、OriHimeを遠隔操作することで学校の授業に出席したり、会社で仲間とミーティングしたりなど、社会参画が可能に

なります。の授業に出席したり、会社で仲間とミーティングしたりなど、社会参画が可能になります。

そんなOriHimeが「OriHime-D」に進化して、腕と足が付いたことで物を運んだり、相手に物を手渡しする、といったことが出来るようになりました!
今回の分身ロボットカフェでは、この「OriHime-D」をパイロットが自宅から遠隔操作して接客いたします。

そしてこの度、OriHime-Dのパイロットに私も選ばれまして、他のパイロットの方と一緒にお客様をおもてなしさせていただきます。
人生初の接客で大変緊張していますが、お客様に喜んでいただけるように頑張ります。

近くにお立ち寄りの際は、ぜひいらっしゃってください。
もしかしたら夕方のテレビニュースで放映されるかもしれないので、日時がわかり次第改めてご連絡いたします。

障害者の就労問題に対する革新的な取り組みだと思いますので、多くの方に知っていただきたいです。

・開催期間
11月26日(月)〜30日(金)
12月3日(月)〜7日(金) の10日間。
各日13:00〜17:00

・場所
東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル1F

当日チケットは27日(火)から毎日12時に現地販売されます。カフェの見学は自由です。
カフェの隣にはショップもありまして、分身ロボット「OriHime」や視線入力ソフト「OriHime-eye」の体験が出来たり、限定グッズの販売もするようです。
------

(ID:606)  2018-11-09

えがおさんさんブログです。

11月のデイは日赤祭(日本赤十字看護大学の学園祭)を見に行きます。
そこではデイにボランティアで参加している学生さんのサークルも出展されているので、ぜひ日本赤十字看護大学学祭にも遊びにに来てください。
--------------
〜クロアルージュ祭〜
日本赤十字看護大学学祭のお知らせ

模擬店を中心に、学生による様々なイベントが企画されています。
私たちのサークルではデイサービスの様子など展示を行う予定です。
お茶やお菓子、キッズスペースの用意をしてお待ちしています。
また、学内の広尾ホールにて劇を披露させていただきます。
ぜひお越しください。

日時:2018年11月24日(土)10:00〜16:00      
場所:日本赤十字看護大学 広尾キャンパス
   〒150-0012 東京都渋谷区広尾4-1-3

--------------

(ID:605)  2018-11-07

えがおさんさんブログです。

紅葉がきれいな季節になりましたね
第7回えがおファンクラブは、日赤の学祭に遊びにいこう!です。

日時: 平成30年11月24日(土)
預かりデイ時間:10時 〜 14時

参加申し込みの締め切りは、11月16日(金)まで。
尚、準備の都合上、締め切り日は厳守でよろしくお願いします。
【放課後デイすまいると合同です! 】
*今回昼食の用意はありません。食事場所、EFC展示室内、もしくは学内カフェテリアになります。


問い合わせはえがおさんさん事務所、えがおファンクラブまで。
お電話かメールで願いします。
TEL:03-3209-8668
Mail:egaofunclub@gmail.com

(ID:604)  2018-10-31
えがおさんさんブログです。

今日は10/31ハロウィンですね。
放課後等デイサービスすまいるも、ハロウィンの飾りつけがとっても素敵

写真は多摩センター駅近くでのハロウィンの飾りつけと、
先日のえがおさんさんの差し入れおやつです
帰ったら家でもパーティしてみようかな〜


(ID:603)  2018-10-25
えがおさんさんブログです。
〜いつもの備えで、もしもに備える。〜
「医療的ケアが必要な子どもと家族のための防災はじめの一歩」という
冊子のご紹介です。

これはタイトルの通り、災害や緊急時に備えて準備すべきものなどを簡潔にまとめたガイドブックです。

欲しい〜と思った皆さんも多いでしょうが、
こちらはまだ試作版で鋭意作成中との事です。

完成したらまたご案内頂けるそうなのでお待ちください☆