前のページへ| |次のページへ

台風前の備えについて

えがおさんさんブログです。

関東地方に超大型台風が近づいてきており、

13日には直撃の可能性もあります。

スタッフより医療機材をお持ちの方の停電対策を聞いたので

参考にしてください。

———————————————-

医療機材持たれているご家庭の停電対策を重点に記載してます。

一般的な台風の備えは省略しています。

———————————————-

□医療機器、バッテリー充電できるものは充電を

(吸引機、呼吸器、酸素)

□手動式・電池式の吸引機や足踏み吸引機、アンビューバックはわかる場所に出しておく。

(箱やビニール袋に入ったままの方はだしてすぐ使えるか確認)

□酸素ボンベ使用の方、ボンベをすぐ出しやすいところにおいておく

(押し入れに眠ってる方)

□電池式の医療機器、電池の予備があるか確認、補充

□正弦波のポータブル電源(蓄電池)・正弦波インバータを持っている方はすぐに使えるようにわかる場所に出しておく。

(押し入れに眠っている場合、出すの大変)

蓄電池は満充電に。

延長コードの確認。動作確認。

(ポータブル電源やインバータ購入検討されている方は、必ず正弦波のものを。使いたいワット数にあわせて)

□水の確保

★特にマンションのかたは、電気で汲み上げポンプ式だと、停電で断水の可能性あります。

□備蓄のチェック

□エアマット使用の方

→電源オフでエアがぬけしまうタイプのものは、紐でエアホースを折って縛り、エアが抜けないようにする。(電源切れるとぺしゃんこになるものがあります)

□マンションがオートロックの方、停電の際の鍵のあけ方を確認しておく。

□避難袋のチェック

食料や栄養缶の期限ぎれ確認、

オムツや衣類のサイズアウトないか、

持ち出し薬の確認(薬量変わっていないか、避難時は冷中保存の薬も忘れず持ち出し)

保険証医療証のコピーをしていれておく、10円・100円コインをいれておく、

ラジオ

災害の備えファイルなど

□寒さ対策。

台風のあと、寒くなるかもしれませんとのこと。停電した場合に備えてカイロ、保温シートなど備蓄確認

□ガスボンベ缶在庫など確認、卓上コンロの確認

□車を持っている方、ガソリンはいれておく

□スマホの充電。携帯型充電器を満充電に。

電池の確保、車がある方はシガーライターソケット等

□ランタン・懐中電灯・ラジオ、動作確認、

手元においておく

(暗くなると探しにくいので、蛍光シール貼っておくと便利)

ケアをするには、ランタンなど置き型が便利です。

□エネポなど、正弦波の発電機をお持ちの方

停電の際は【絶対に室内で使用せず、室外の換気のよい広い場所でご使用ください!!】

(室内で使用すると一酸化炭素中毒事故があります)

◆一般的な停電の備えは、以下も参考に。
https://weathernews.jp/s/topics/201910/090085/yn.html