• HOME
  • えがおさんさんストーリー
  • NPO法人えがおさんさんの活動
  • えがおさんさんをサポートするには?
NPO法人えがおさんさん
HOME > これまでのあゆみ

これまでのあゆみ

NPO法人えがおさんさんまでの経緯
1992年 阪口エリナさん(新宿区在住)が、関東で初めて人工呼吸器管理下で在宅生活を開始       
1993年 エリナさんの在宅生活を支援するボランティアチームエリナファンクラブ(以下、EFC)を結成
1994年 岩永夫妻が松尾・阪口と知り合い、岩永祐来くんの在宅生活を相談する
1995年 岩永祐来くん(当時4歳)天国へ
岩永夫妻中心に、学生・社会人・看護師・福祉関係者でEFCを組織化
さとみさん(港区在住)が、人工呼吸器管理下で在宅生活を開始
さとみさんに対して、看護師が生活支援を含めたサポートを開始。
その後ナースチームさんさんとなる。(代表:松尾)
1996年 全国人工呼吸器をつけた子の親の会(以下、バクバクの会)の関東支部をEFCと共に発足
バクバクの会関東支部の定期定例会議、家族交流会を主催
バクバクの会主催の総会、シンポジウムに、EFCからボランティア派遣を開始
EFC独自事業として、障害のある子どもとご家族を支援するボランティア派遣を開始
1998年 新宿区の染色体異常の子の親の会(以下、ぽけっとの会)が発足
EFCがボランティア育成事業を開始。ぽけっとの会に派遣
2001年 エリナさん(当時12歳)天国へ
その後も、EFCからバクバクの会などにボランティアを派遣
介護保険・障害支援費制度開始に合わせ、EFC有志がホームヘルパー資格を取得
2005年 ナースチームさんさんとEFCの有志で、有限会社さんさんを設立
2007年 EFC有志が、NPO法人えがおファンクラブを設立
2011年 有限会社さんさんとNPO法人えがおファンクラブが統合
NPO法人えがおさんさんとなる